住宅ローンの手続きについて|大網白里市・千葉市緑区・外房地域の不動産のことならピタットハウス大網店|株式会社リバティ

電話番号・営業時間・定休日
お問合せ
売却査定

住宅ローンの手続きについて

 事前審査とは?

多くの銀行で、住宅ローンの「事前審査」と言うのを行っております。

融資を利用しての購入では、せっかく買いたい!と思う物件を見つけても住宅ローンが通らなければ、購入できません。

事前審査の段階では、本人が窓口へ行く必要がなく、住宅ローンがいくらくらいまで借りられるか、ということもわかります。また事前審査が通っていれば、本審査はスムーズに運びます。

よくある質問で、事前審査をしたら必ずローンを申し込まなくてはいけないのですか?と聞かれますが、そう言うことはありません。キャンセルしても大丈夫です。複数の金融機関に申し込んで、金利や優遇の有無など融資条件はそれぞれ異なりますので、それらを比較して選ぶことも可能です。ただ、だからと言って無暗にたくさん申し込むことはお勧めしません。繰り上げ返済をする可能性や将来、生活環境が変動する可能性なども考慮し、2〜3行に絞ることも必要です。

金融機関によって、保証料や事務手数料、金利、繰り上げ返済の手数料の有無、団信保険など、条件は様々なので、まずは、ご相談いただければと思います。

また、提携している銀行はありますか?というご質問も多いのですが、金融機関の審査基準は一律ではなく、A銀行はOKだったけれどB銀行はダメだった、とかA銀行はダメだったけれどB銀行とC銀行はOKだった、と言う場合もあり、同じ借入期間・金額であっても、それぞれの勤務先や勤続年数、他の借り入れの有無、借入時の年齢、所得合算者の有無などでも変わります。

例えば、自営業者に融資が前向きでない銀行があったり、逆に積極的なところがあったり、リフォームや諸経費も融資に含めてくれるところや含めてくれないところ、年齢制限の厳しい銀行など、融資の内容や条件、審査基準は様々です。ですから、お客様の勤務状況や他の借り入れの有無、借入希望金額によって、おすすめする金融機関(銀行に限らず、フラット35であったり、信用金庫、労働金庫など)が変わってきますので、是非、お気軽にご相談下さい。

契約後にローンが通らなかった、と売主様に迷惑をかけることがないよう、売買契約の前に事前審査を通すことをおすすめします。

 

 

住宅ローンの本審査・融資承認・金銭消費貸借契約

売買契約締結後に住宅ローンの本申込を行います。事前審査は契約をしなくてもできますが、住宅ローンの本申込は、売買契約書を添付しなくてはいけません。

事前審査が通っていれば、9割方、本審査は通りますが、事前審査後、本審査までの間に、新たに借り入れや車のローンなどを組んでしまった場合、または予定していた借り入れよりも増額したい、などの事由で、本審査が通らないケースもあります。特に消費者金融のキャッシングは気を付けて下さい!

住宅ローンの本申込の際には様々な書類が必要です。公図や建物図面、登記簿など不動産の物件に関する資料は、担当者が用意し、契約の際にお渡しします。

 

・金融機関によって、住民票、収入証明、残高証明等、用意していただく書類の種類や必要通数が異なります
 
・1週間〜10日前後で融資承認がおりますので、確定した段階で、住民票を新住所へ移し、新たな住民票や印鑑証明書を取得していただき、「金銭消費貸借契約(俗に言う、金消契約)」を金融機関窓口にて行っていただきます
・金消契約の印紙代、ローン事務手数料がかかります(融資金額から差引の場合もあります)
・ローン申込本人が銀行窓口へ行く必要があります。窓口時間内に行けない場合、事前に銀行と協議し、時間外に対応していただく場合もありますが、金融機関によって対応は異なりますので事前にご相談下さい。
・あわせて火災保険の加入も検討(保険料は、地震保険の有無や掛ける年数、金額で変わります)
・フラット35をご利用の場合、物件の適合証明を検査機関に申請し、用意する必要があり、他の金融機関よりも手続き上、時間がかかります
 

 

本承認がおり、金融機関と金銭消費貸借契約が終わり、書類がすべて整いましたら、決済です!

 

万一、ローンが払えなくなったら??そんな心配はないほうがもちろん、良いのですが、昨今の目まぐるしい社会情勢の変動や生活環境の変動は否めません。

ローンが払えなくなった場合