媒介の種類について|大網白里市・千葉市緑区・外房地域の不動産のことならピタットハウス大網店|株式会社リバティ

電話番号・営業時間・定休日
お問合せ
売却査定

媒介の種類について

 専任とか一般って何が違うの?

不動産の売却や賃貸募集の依頼を行うことを不動産の「媒介依頼」と言いますが、媒介には「専属専任」「専任」「一般」の3種類があります。この3つの違いを説明いたします。

専属専任

●売主様への報告義務・・・1週間に1回以上

●レインズへの登録義務・・・あり

×売主様自らが、他の不動産会社へ(物件の売却を)重ねて依頼することはできません

×売主様自らが見つけた買主と勝手に契約することはできません

○売主側の窓口が一本化されるので、トラブルは起こりにくい

専任

●売主様への報告義務・・・2週間に1回以上

●レインズへの登録義務・・・あり

×売主様自らが、他の不動産会社へ(物件の売却を)重ねて依頼することはできません

○売主様自らが見つけた買主と契約することは可能

○売主様の窓口が一本化されるので、トラブルは起こりにくい

一般

×売主様への報告義務・・・なし

△レインズへの登録義務・・・任意

○売主様自らが、他の不動産会社へも物件の売却依頼をすることができます

○売主様自らが見つけた買主と契約することは可能

○売主様の窓口が複数となるため、同時に申し込みが入った場合などトラブルが起きやすい

 

専任だと他の不動産会社に頼めないから不利?

売主様ご自身が頼むことはできませんが、当社がお預かりした専任物件は、早期売却に向け、物件のエリアや種類(例えば、分譲地に強い業者、田舎暮らしに強い業者など)によって、地元業者や他の業者にも声掛けを行い、広く売却協力のお願いをします。

また、レインズ(不動産流通機構)といって、不動産業者であれば誰でも閲覧できる指定流通機構に登録する義務がありますので、他の不動産業者もその情報をみて、当然、該当するお客様がいればご紹介していただけますので、売主様があちらこちらの不動産会社へ頼まれなくても、当社から他の不動産業者へ情報提供するという形にはなりますが、不利になるということはないかと思います。ただ、中には、情報を外に出さず、自分のところで抱え込む業者もおりますので、難しいところではあります。

 

一般だと不動産会社は一生懸命にならない?

いえ、そのようなことはありません。一般でもお預かりした以上は、早期売却に向け、努力いたします。不動産は成功報酬ですから、成約に至らなければ何もなりません。ですから、専任だとか一般にこだわらず、売却に向けた営業活動は行います。

一般の場合、報告義務はなく、また、レインズへの登録も任意となるため、常に売主様への販売状況報告義務がある専属専任や専任と比べるとそう感じられるのかもしれません。

専任だと窓口がその不動産会社となるため、責任も出て参りますが、一般の場合、実質窓口は売主様で、複数同時に申し込みが入った場合、どこの会社が優先になるのか、など不透明になりやすく、業者としては買主様への責任もあるので、専任の方がやりやすい、というのはあります。

 

■売却の流れ

■賃貸の流れ

■賃貸は初めての方